未開の銃に、挑戦。K.T.W.Co.,Ltd

Newスパス・カスタム

New SPAS 12 custom

この高性能でいてこの低価格、KTWスパス・シリーズの集大成品です。イタリア・フランキ社のSPAS12をアメリカのFIE社が米国内仕様にして販売したモデルがこれです。
仕様:(全長)960o、(重量)1810g、(口径)6oBB、(装弾数)60+9、(機構)ポンプアクション・エアーコッキング。1発ー2発切り替え発射。 ¥13,800(税別)。
クリックで拡大表示
製造記録
第1期モデル:H17年4月発売。¥12,800
第2期モデル:H21年9月発売。可変ポップアップ機構にモデル
         チェンジ。¥13,800
可変ポップアップはリアサイト前のスクリューで行います。付属の六角レンチで右へ回してホップ強。
クリックで拡大表示
リアサイトが1発ー2発の切り替えスイッチになります。前へ押して2発、後ろへ引いて1発の発射です。2発切り替え発射時に3発以上出る場合があります。
クリックで拡大表示
セフティ機構はトリガー前方のレバーで、メインとサブの2個あります。レシーバー上のマウントベース(金属製)は、レシーバーに頑丈に固定されています。グリップ真上の半円状の穴は、スリングのナス環を引っ掛けるためのものです。別売品のナス環付きスリングは¥1,000。
クリックで拡大表示
マガジンの脱着はボタンひとつで簡単にできます。カセット式マガジンはこのように出し入れします。BB弾はダブルカアラムで最大60発入ります。
クリックで拡大表示
別売のスペアマガジンはこのショートタイプ(ヘッドが短い)になります。従来のスパス(Newスパス、SPASジュニア、FIEスパスカスタム)のものと同じです。装弾数55発。¥1200。
クリックで拡大表示
この銃にはドットサイトが一番似合います。のぞいたとき、リアサイトがじゃまになるので、これを外します。
クリックで拡大表示
スコープをつけるときは、マウントは足の高いハイ・タイプを使用してください。対物レンズ径にもよりますが、できるだけ高いほうが無難です。写真はブリッジ型のハイマウントです(フジカンパニー、プロ・ブリッジハイマウント¥2500)。