未開の銃に、挑戦。K.T.W.Co.,Ltd
モシン・ナガン・ライフル

モシン・ナガンM1891/30(歩兵銃)

MOSIN-NAGANT M1891/30 RIFLE

モシン・ナガンM1891/30
1891年、帝政ロシア陸軍がモシン大佐にデザインさせ、ベルギーの銃器設計者エミール・ナガンに手伝わせて(弾倉部だけと言われている)制式銃となったのが、後にモシン・ナガンと呼ばれた軍用ライフル銃です。口径は7.62x54R、ロシア初の無煙火薬使用弾で、115年経った現在でもトップクラスの性能です。銃の製造はロシアだけでは間に合わず、スイス、フランス、米国に外注で頼みました。1905年に始まったロシア革命のドサクサもありましたが、米国を例にとれば、ウェスティングハウス社、レミントン社、ウィンチェスター社だけで、とてつもない数の製造をしています。1930年、M1891を改良したM1930が登場します(通称M1891/30)。改良点はレシーバー形状の8角外形が丸になったこと、銃身にハンドガードが付いたことなど、その他細部の小さなモデルチェンジでした。基本がしっかりとした設計であったことは間違いなく、モシン・ナガンは20世紀、世界の戦場で最も多く出回ったボルトアクション・ライフルとして歴史に残ります。KTWはM1891/30の外観とアクションを可能な限り忠実に再現しました。
クリックで拡大表示
 全長:1230mm、重量:2800g、口径:6mmBB、装弾数:約22発、機構:ボルト式エアーコッキング、銃床:ウォールナット・オイル仕上げ、付属品:銃剣、アマニ油(ワトコオイル)
¥126000(税抜)
2007年2月28日発売。
第2ロット:2007年12月発売
第3ロット:2012年2月発売
クリックで拡大表示
フロントサイトはベースを動かして左右調整します。クリーニングロッドはレシーバー下まで伸びています。
クリックで拡大表示
KTW初の銃剣です。刃の部分はアルミ粉入りの樹脂製で、ペーパーがけすると金属色が出てきます。
クリックで拡大表示
ワンタッチで着剣できます。刀身が外側(右)へ3度ほどそれていますが、前装銃のなごりでしょうか、発射ガスの逃しでしょうか。
クリックで拡大表示
リアサイトは1〜20の目盛りがあり、100-2000mを表します。
クリックで拡大表示
照尺を上げるとホップねじ(M3ホーロー)があります。
クリックで拡大表示
床尾板は鉄(南部鉄器)で、木はくるみ材のオイル仕上げです。
クリックで拡大表示
給弾@:フロアプレート・スプリングのツメを外すと、フロアプレートがポンと開き、ラチェットが見えます。
クリックで拡大表示
給弾A:ラチェットをいっぱいに回し、奥の給弾口が開いたらBB弾を入れます。給弾ルートには22発入ります。
クリックで拡大表示
給弾B:フロアプレートを閉めると圧縮していたマガジンスプリングが開放され、22発が全弾発射できます。

別売パーツ

クリックで拡大表示
ナガン専用スリング
¥5,400(税別)
国産のレプリカです。カーキ色のキャンバス地ベルト、本皮リングベルト、金具と、実物を忠実に再現しました。狙撃銃、騎銃と兼用です。
クリックで拡大表示
≪新マガジン交換キット≫
旧タイプのマガジンを新タイプに替えるには、新型BBマガジンAssy(左上)の他に、新規のマガジンチューブ、BBケース、トリガーガード、フロアプレートの4点が必要です。トリガー、フロアプレートスプリング、BBケースプレート、ネジ、ボルト類は従来品を利用します。新タイプのマガジンに交換するには一部加工と微調整が必要なため、KTWに送ってもらい組み替えさせていただきます。工賃込みで¥12000(税・送料別)です。

モシン・ナガン狙撃銃

Mosin-Nagant Sniper Rifle

モシン・ナガン狙撃銃
映画「スターリングラード」で一躍有名になったモシン・ナガン・ライフルのスナイパー仕様モデルです。PUと呼ばれる特異な構造のスコープの再現が可能となり、エアーソフトガンとして発売できました。従来のKTW・M1891/30との違いは、スコープの取り付けにかかわる箇所で、@ストック形状、Aボルトハンドル形状、Bレシーバー形状、の3点です。ボルトハンドルは実銃どおり長さも延長しています。レシーバーは日露戦争当時のM1891の角型タイプで、モデルとしては第2次大戦初期のモシン・ナガン狙撃銃を再現しました。
全長:1230mm、重量:3200g、口径:6oBB、装弾数:22発、機構:ボルト式エアーコッキング、銃床:くるみ材・オイル仕上げ、付属品:スコープ一式、ワトコオイル。(注)銃剣は別売です。
価格:¥146,000(税別)。
2007年12月26日発売。
2012年2月.第2ロット発売。
クリックで拡大表示
PUスコープは真上に置かれ、そのためボルトハンドルは90度近く下へ曲がっています。
クリックで拡大表示
ボルトハンドルは長いため、これだけ深く曲がっていても意外と起こしやすい構造です。
クリックで拡大表示
ボルトを引く操作は、スコープに触れることなく、スムースにできます。
クリックで拡大表示
スコープマウント取り付け部。マウントベース後部の上下のネジは、マウントの上下調整の役目をしています。
クリックで拡大表示
マウントベースとレシーバーを固定する2本のネジ(マイナス頭)。ベース前方のボールがスコープマウントの支点となります。
クリックで拡大表示
ダイヤルを回すとレティクルが移動する、ひと時代前のスコープです。ホヤ製レンズ使用、ブッシュネル社製、4倍。

モシン・ナガン騎銃(カービン)

Mosin-Nagant carbine(M1891/44)

モシン・ナガン騎銃
19世紀のモシン・ナガンM1891ライフルは、1930年にモデルチェンジしてM1891/30になりました。狙撃銃も当然ながら造られました。1938年に銃身を20センチ以上短くしたカービンが登場します。これがM1891/38です。1944年、このカービンは改良され、折りたたみ式銃剣を組み込んだモデルとなります。モシン・ナガンの最終モデルM1891/44です。KTWはこれをエアーソフトガンとして再現しました。
クリックで拡大表示
全長:1025mm、重量:2450g、口径:6mmBB、装弾数:22発、機構:ボルト式エアーコッキング、銃床:くるみ材・オイル仕上げ、付属品:ワトコ油、価格:¥126,000(税別)。2008年6月21日発売。2012年2月.第2ロット発売。 
クリックで拡大表示
ライフルとカービン(手前)の全長の差は205mmあります。
クリックで拡大表示
リアサイトはカービン(手前)がかなり小さくなっています。
クリックで拡大表示
カービンのリアサイト目盛りは1000mまで(ライフルは2000)。
クリックで拡大表示
銃剣の出し方は@剣身基部のラグを引いてロックを外し
クリックで拡大表示
A外側に開いて180度回転させて
クリックで拡大表示
Bラグをさらに引いて穴を銃口にはめ込み固定します。
クリックで拡大表示
BB弾の入れ方はモシン・ナガン3機種が共通しています。パーツは3機種に互換性があります。
クリックで拡大表示
ホップ調整はレンチの位置で、右に回してホップ強。マルイ電動用0.25g弾で合わせています。
クリックで拡大表示
ボルト機構はKTWアクションで、パーツはすべてのモシン・ナガンに共通しています。
クリックで拡大表示
取り回しの楽なカービンは、第2次大戦後も中国などでコピーされ、世界中で使用されました。そのため、北ベトナム軍など広範囲にわたる共産軍装備にバッチリ似合います。

モシン・ナガンM1891/30(歩兵銃) PE狙撃銃仕様

Mosin-Nagant M1891/30 PE Sniper Rifle

クリックで拡大表示

モシン・ナガン狙撃銃はPUタイプが元祖ですが、スコープの進化と共にマウントやベース形状も変化してゆき、PE狙撃銃となりました。KTWはモシン・ナガン歩兵銃をPE狙撃銃仕様にしました。

【仕 様】

全長:1270o

重量:3,550g

装弾数:22発

銃床:クルミ材

付属品:スコープ(3−9×40)、マウントリング2個、マウントベース一式、銃剣

価格:¥146,000(税別)

 
マウントベースはレシーバー取付け部(左)とスコープ取付け部(右)に分かれています。2つともアルミブロックからの削り出し加工、表面黒アルマイト処理です。
スコープの付属品一式。スコープは3倍から9倍のズームでKTW純正品です。本体はレシーバーにベースを取付けた状態で出荷しています。

【スコープ取付け手順】

マウントベースを付属の六角レンチを使って取付けます。前後に区別はありません。
マウントリング前後2個を取付けてから、上側のリング(フタ)を外します。この際、フタは同じ状態で付くよう、それぞれの向きと前後を間違えないでください。
スコープを載せてフタで固定しながら、レティクルの水平垂直をだします。付属スコープでは接眼レンズを後ろに出すと適正なアイリリーフになります。

モシン・ナガン騎兵銃 PE狙撃銃仕様

Mosin-Nagant Carbine PE Sniper model

モシン・ナガン騎兵銃(カービン)のPE狙撃銃モデルです。カービンにスコープを載せることは昔はなかったことですが、銃身精度とパウダー(銃用火薬)の発達で、20世紀後半には40センチ長の銃身で300mをワンホール射撃できるようになり、今では銃身の短いスナイパーライフルのデザインは当たり前の時代となりました。それにしても19世紀末に現れたモシン・ナガンですが、ほとんど進化しないまま今でも現役であるということが、名銃と言われるゆえんなのでしょう。

【仕 様】

全長:1025o

重量:3,000g

装弾数:22発

銃床:クルミ材

付属品:スコープ(3−9×40)、マウントリング2個、マウントベース一式

価格:¥146,000(税別)