未開の銃に、挑戦。K.T.W.Co.,Ltd

フリントロック・ピストル

Flintlock Pistol

フリントロック・ピストル
火縄銃(マッチロック)の次の世代となったのが火打石銃(フリントロック)でした。管打ち銃(パーカッション)の登場までの間、18世紀を中心にフリントロックの時代は100年以上続きました。モデルにしたのは1953年にウェストポイントに寄贈された物で、1770年代にジョージ・ワシントン(大統領)銘入りで特注された67口径スムーズボア・フリントロック・ピストルです。
クリックで拡大表示
全長:360mm、重量:740g、口径:6mmBB、装弾数:12発、機構:ハンマー式エアコッキング、可変ホップアップ、銃床:ABS樹脂。
¥14,800(税別)
**製造履歴**
第1ロット:H22年5月発売 ¥11,800(税別)
第2ロット:H23年5月発売。変更点:亜鉛合金パーツのメッキを外銃身が真鍮に、ハンマー・当り金・サイドプレートが黒色になる。
第3ロット:H24年6月発売。変更点:亜鉛合金パーツのメッキを外銃身・ハンマー・当り金・サイドプレートがクラシックシルバーになる(第1ロットの仕様にもどる)。
第4ロット:H25年10月発売。仕様は第3ロットと同じだが、価格が¥12,900に値上げ。
第5ロット:H27年11月発売。仕様に変更はないが、価格が¥14,800に値上げ。このロットより組み立てはドンサンからKTWに移行。
クリックで拡大表示
策杖がマガジンです。押してから左にひねって抜き出しBB弾はここから入れます。最大12発。
クリックで拡大表示
発射には二つの操作があります。@ハンマーを起こして内部のピストンを後退させます。ハーフ・コックはできません。
クリックで拡大表示
A倒れていた当り金をこの位置に戻します。このときピストンからギアがはなれシリンダーが前進してノズルがBB弾をチャンバーに送り込み、発射準備完了です。
クリックで拡大表示
銃身上の穴にM4のホップスクリューがあります。六角レンチで右に回してホップ強、左で弱。
クリックで拡大表示
引き金を引くとピストンが前進し、同時にハンマーが落ちます。
クリックで拡大表示
BB弾が発射された直後、ハンマーが当りがねをたたいて跳ね上げます。
クリックで拡大表示
アウターバレルも含めて全金属製です。刻印からロンドンのHAWKINS製であることがわかります。
クリックで拡大表示
アウターバレルも含め、金属部はすべてクラッシクスチール・メッキです。
クリックで拡大表示
George Washingtonの銘があります。グリップエンドは金槌になります。
クリックで拡大表示
メカボックスの左側。3個のギアーでピストンをコックします。パワーは0.43ジュールです。
クリックで拡大表示
同じく右側。組み立ては特殊工具がないと出来ません。決して分解しないで下さい。
安全装置:本銃の取り扱い説明書にはセフティがありますが、セフティの付いたタイプは海外向け仕様です。古式銃の場合、ASGKではセフティの設置が免除されているため日本仕様ではこれがありません。

別売品new

クリックで拡大表示
ピストン … ¥500
シリンダー … ¥500
クリックで拡大表示
 CAW - Hot News 
CAWさんから木製ストックが発売されました。
クリック ← こちらをご覧下さい。

分解・組立方法

クリックで拡大表示
A ストックの2本のピン(前が短、後ろが長)をポンチで抜き、マガジンチューブを外します。
クリックで拡大表示
@ 分解はまずハンマーを外すことから始めます。以下、番号どおりに進んでください。
クリックで拡大表示
B トリガーガードを持ち上げて前へズラして外したあと飾りプレートを外します。
クリックで拡大表示
C アウターバレルを持ち上げメカボックスごとストックから抜き出します。
クリックで拡大表示
E メカボックスを止めている4本のネジは、後ろの2本の長いネジから外します。次が中央の少し短いネジで、
クリックで拡大表示
D アウターバレルとインナーバレルを抜きます。ゴムパッキンはチャンバーに残ることもありますが、かまいません。
クリックで拡大表示
F 最後に前方の短いネジを、写真のように手で押さえてスプリング(2本)の飛び出しに備えて外します。
クリックで拡大表示
G メカボックスの右面。組み立て時はトリガー・スプリングが写真のようにテンションがかかった状態にします。
クリックで拡大表示
I 当たり金部はこれまでの分解と関係ありません。組み立て時、当たり金は写真のように上げた状態にします。
クリックで拡大表示
H メカボックス左面(下)のギアの配列。組み立て時はこの状態で上と合わせ、後方のネジ2本から締めます。
クリックで拡大表示
J 組立時の難関は2本のリコイルスプリング(同サイズ)です。市販のピンセット(板厚1mm)が組立に最適です。
クリックで拡大表示
K 下を先に入れます。上は入れる際にハンマーを使って写真のようにピストンを後退させながら入れると楽です。
クリックで拡大表示

L 中央のネジを締めてから(Jの段階でゆるめに締めておく)、チャンバー付きインナーバレルを差し込み、前方のネジ(写真)を締めてメカボックスを完成させ、C→@→A→Bの順で組み立てて完了です。   注意:
完全組み立ての前、メカボックスだけの組み立て時にハンマーをコックすると、ピストンのギア部が破損します。


お知らせnew

クリックで拡大表示

発射時に何らかの理由で当たり金が途中で止まった場合(写真)、絶対にハンマーを起こそうとしないでください。この際は、当たり金を前に倒してください。ハンマーが最終位置まで落ちればギア位置が正常な状態になります。

クリックで拡大表示

ハンマーを起こしてもコックしない場合は、ハンマーをいっぱいに起こしたまま当たり金を閉じ(固いが一気に)、この状態でハンマーを放し、当たり金にぶつけて倒せば、ギアは正常位置にリセットされます。

クリックで拡大表示

飾りプレートのネジは強く締めないでください。プレートはトリガーガードと嵌めあい固定されているため、ネジは刺してある程度の固定で大丈夫です。

クリックで拡大表示

策丈型マガジンが抜けやすくなった場合は、この部分をポンチ等でたたいてロックを固くしてください。