未開の銃に、挑戦。K.T.W.Co.,Ltd

九九式軽機関銃

TYPE 99 LMG

九九式軽機関銃
九六式の6.5mm口径を7.7mmにパワーアップしたのが九九式軽機関銃でした。口径を大きくしただけでデザインはほとんど変わっていません。昭和14年から終戦時まで約5万挺が製造され(九六式は約4万挺)、主に南方で使用されました。九六式と共に、米軍が最も警戒し恐れた日本軍の小火器でした。
クリックで拡大表示
外観で九六式とちがう大きな特徴は3つあります。一つは消焔器(消炎器、消煙器)が常用されました。
クリックで拡大表示
2つ目は、弾倉の形状です。薬莢が長くなった分(太さは同じ)曲がりが少なく、上に伸びています。
クリックで拡大表示
3つ目は後脚の設置です。ボタンを押して1本足を起こします。
クリックで拡大表示
後脚の目的は照準の1点固定です。初弾の命中精度は抜群でした。
クリックで拡大表示
後脚の高さは柄を回して調整します。ベンチレストの機関銃版ですね。
クリックで拡大表示
バッテリーは銃床内に収納します。東京マルイ製、ニッケル水素Mini-S1300(写真)をご使用ください。
クリックで拡大表示
床尾板の止めネジは第1ロット(左)が3本ですが、第2ロット(右)は2本になりました。第3ロットは床尾板が鉄製からアルミ製に軽量化しました。
クリックで拡大表示
収納・運搬用の木製ガンケースが付属します。
九九式軽機関銃
九九式(手前)と九六式。
クリックで拡大表示
<仕様>
全長:1175mm 重量:8Kg 口径:6mmBB 装弾数:58発 インナー銃身長:255mm 機構:電動フルオートエアーコッキング 銃床:オニグルミ 材質:鉄、アルミ、真鍮、合金 付属品:消焔器、予備弾倉、スリング、給弾セット。
価格:¥358,000
製造記録
第1ロット‐‐‐‐‐2010年1月発売(001〜072)
第2ロット‐‐‐‐‐2015年9月発売(073〜113)
第3ロット‐‐‐‐‐2016年5月発売(114〜149)
*製造番号には欠番があり、実際の製造数とは異なります。